頭皮予防保湿ケア.com【痒みやフケの原因・改善方法】

頭皮の保湿の悩みはこれで解決!

はじめに

管理人

はじめまして。頭皮予防保湿ケア.comの管理人です。

 

頭皮の問題って、なかなか人には相談出来ないですよね。
しかし、頭皮で悩んでいる方は7割程いるそうです。

 

最近では、様々な頭皮ケア商品も出てきました。
頭皮予防保湿ケア.comでは、頭皮の保湿を中心頭皮についてご紹介していきます。

 

頭皮の保湿ができなず、乾燥するとどうなるのは?

頭皮の保湿って聞いた事がありますか?
最近では、頭皮ケアも様々な商品が出ているので聞いた事が有る方もいると思います。

 

では、頭皮の保湿が出来ないとどんな影響があるのでしょうか?

 

毎日行っているドライヤーに注意!

ドライヤー

頭皮の乾燥する原因として、ドライヤーが大きく関係があるます。
髪を毎日洗うことが多くなった最近では、髪を洗ってからドライヤーで乾かし、また朝家を出る前もブローなどをしてドライヤーを使い、地肌を乾燥させてしまいます。

 

また、加齢やホルモンバランスの乱れによって、皮脂の分泌不足が起こることでも乾燥がすすみます。
外部の刺激や紫外線から頭皮を守ることが十分にできなくなり、皮脂が足りなくなった頭皮は、免疫力も弱まってより敏感になります。

 

その上、洗浄力の強い、肌に合わないシャンプーを使い続けると、乾燥を招いて、ますます頭皮に潤いや艶がなくなっていきます。

 

頭皮の地肌は繊細・敏感です!

管理人

地肌はとてもデリケートなものです。
ちょっとした傷が、頭皮の角質細胞を傷つけてしまい、肌のバリア機能が失われてしまいます。

 

乾燥が進むと、外部から肌を守るその機能が失われます。
頭皮の乾燥は、湿疹や赤み、かゆみやフケの原因になります。

 

酷くなると、脱毛症になってしまいます。そのために早めの頭皮ケアを始めましょう。

 

新人代謝にも影響する!

免疫が弱い人

頭皮の乾燥は、新陳代謝や免疫力も弱まらせてしまいます。

 

そのためにローションやオイルなどを使って、外気から肌を守ることができる、十分な抵抗力を持つ、健康な肌を再生する必要があります。

 

当然、生活習慣や食生活、睡眠も大切ですが、地肌に直接アプローチして保湿を心がけることで、対応できます。
シャンプーのあと、普段使っているローションや、頭皮用の美容液などを使って、マッサージすると、血行が促進され、肌の免疫力や代謝もアップします。
なおかつ、保湿すれば肌のバリアも修復され、刺激や外気のトラブルに強い肌になります。

 

肌の保湿がなによりも大切なのは、毎日のスキンケアで皆さんよくお分かりでしょう。
それと同じことを、頭皮に対してもしてあげて、それを習慣化するべきです。
とくに保湿機能が弱まりつつある、加齢した頭皮には必要なお手入れになりつつあります。

 

頭皮保湿ローション・美容液ってどう選べはいいの?

管理人

では、実際にどのように保湿を行うのが良いのでしょうか?
頭皮のためのローション・美容液は、最近はどんどん商品の種類が増えています。
それだけ頭皮のかゆみや乾燥などに悩む人が増えたのでしょう。

 

また、最近では、男性も女性も、薄毛や脱毛症に悩む人が増えてきており、頭皮の健康を損なってしまうと、髪の毛が抜けてしまう、薄くなってしまうというのはすでに常識として知られつつあります。
いままでシャンプーやトリートメントなど、髪に対してはきちんとお手入れをしているつもりだった人も、頭皮に関しては、無頓着だったのではないでしょうか。

 

頭皮あってこその髪の毛なのに、なんとなく頭皮だけは健康のような気がしていましたね。
しかし、いまならまだ間に合います。
髪や地肌の健康をしっかり守り、そしてより健やかな肌や髪に仕上げてくれるものです。

 

頭皮保湿ローションは、普通、普段自分が使っているもので構いません。
だだし、頭皮は皮脂線が多いので、なるべくさっぱりしたつけ心地のもの、べたつきが少ないものが良いでしょう。

 

乳液、クリームタイプは毛穴に詰まることがあるので、使用を避けたほうが良いです。

 

美容液も、天然の油、椿油やオリーブオイルを使っても良いですし、市販のヘアケア商品を使ってもいいのですが、くれぐれも最初にパッチテストをして頭皮に馴染むものを使いましょう。

 

「すこやか地肌」のように、ローションとオイルが一緒になっているものだと、簡単ですし、両方の効果が得られて一挙両得です。

 

すこやか地肌

 

すこやか地肌の詳細情報についてはこちらの頭皮かゆみ.net〜頭皮の乾燥対策方法【美容液を実践中!】〜を参考してください。
管理人も参考にさせてもらいました。

 

また、頭皮や髪にしっかり潤いを与えてくれるものなら、十分です。
椿油やオリーブオイルなどを使うと、肌にべたつくのでは、毛穴に詰まるのでは、と考えがちです。

 

しかし、これらの植物油は実は人間の皮脂と混ざりやすい、また似たような性質を持つので、全く問題ないのです。
頭皮にしっかりと浸透し、地肌の健康を守ってくれるこれらの植物油も、かなりおすすめです。

 

頭皮保湿ローション・美容液の3つのポイント

皮脂に近い成分によって作られているものが良いです。刺激は少ないですし、頭皮にしっかり潤いを与えてくれます。
乾燥が酷い場合には、刺激の少ないノンアルコールタイプが良いです。
血行不良が原因となっている乾燥肌の場合は、血行を改善する成分の入ったローションもおすすめです。

 

正しい頭皮の洗い方で頭皮の保湿をキープしよう!

管理人

頭皮には、汚れや皮脂が詰まっています。
脂性肌の人なら、つねに地肌のべたつきに悩んでいるかもしれませんね。

 

もちろん、頭皮に対しては余計な負担や刺激を与えないほうがいいですが、シャンプー前にあらかじめやっておくと、汚れがよく落ちる方法があります。

 

お風呂に入る前にブラッシング

それは頭皮を洗うまえによくブラッシングをすることです。
これによって、汚れやフケなどが浮き出してきて、シャンプーですんなり流すことができます。
ブラッシングを下から上に逆にかけるのも効果的です。

 

フケなどは、剥がれ落ちた角質細胞ですので、新陳代謝が正常に行われていれば、フケがあって当然です。
ただ、健康なフケは肉眼では見えないので、その塊が大きくなったフケがある場合は、頭皮に問題があるサインなのです。

 

シャンプーをつける前にマッサージ

ブラッシング以外にも、植物油をつけてマッサージしてからシャンプーすると、汚れが浮き出してきて、なおかつ余計な皮脂なども取り除いてくれるので頭皮がすっきりします。
オイルなどをつけると、より頭がべたつきそうですし、脂がこびりつきそうなイメージがありますが、椿油やオリーブオイルなどは、人間の皮脂と近い成分を持っていますので、よく馴染んで、皮脂に詰まった汚れにも効くのです。
オイルで、頭皮を円を描くようにマッサージし、シャンプー前に十分落とします。

 

シャンプーはしっかりと洗い流す

シャンプーは、髪をよくぬるま湯で濡らし、適量、(量は少なめ)でしっかり泡立てて洗います。
ノンシリコンの石鹸シャンプーなど、泡立ちが悪いものがありますが、きちんと汚れは落とせますし、自然由来の界面活性剤入りのシャンプーでも刺激が少なくて地肌を傷めません。
下から上に向かって、血行に沿ってシャンプーをしていき、最後にしっかりと洗い流すようにします。
洗い残しがあると、頭皮トラブルの原因になります。

 

またシャンプー後に、しっかりとローションや美容液で保湿すれば、頭皮の健康はしっかり守られます。
紫外線や乾燥に気をつけながら、ぜひこのようなお手入れ、髪の洗い方を心がけてください。

 

【最後に】頭皮の保湿に肝心なこと【まとめ】

管理人

最後にここまでのおさらいをしていきまししょう。
今日から誰でも実践出来る頭皮の保湿ケアだからこそ、しっかり覚えて、頭皮のかゆみと決別しましょう!
それでは早速、まとめてみました。

 

頭皮はデリケートな分日頃からのお手入れが大切
ブラッシングや植物油をつけてマッサージが頭皮ケアには必要
ノンシリコンの石鹸シャンプーは泡立ちが悪いが、肌にいい
血行を考えた洗い方を考えた方がいい

 

上記のことを守って、頭皮の保湿ケアをしっかりして下さい!
以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

更新履歴